常に安心と信頼の確保に注力

オンラインカジノと法規

オンラインカジノを始めるにあたって気になるのが法律に触れないのかどうかということでしょう。
それでは実際はどうなのかというと、今の日本にはオンラインカジノの利用を取り締まることが出来る法律がないというのが現状です。

違法とはならない理由

ギャンブルを取り締まる賭博罪を適用するにも、条件である胴元、張り子の両者が揃っているわけではありませんし、オンラインカジノを運営する会社は至ってクリーンな会社です。
オンラインカジノを運営するには、これまでの会社の経歴はもちろん、資本も重要となりますし、システムに関しても一切の不備がないことをその国の政府に証明しなければなりません。
ですから、オンラインカジノを運営する会社は一般の会社よりもずっと透明性があり、利用者のことをしっかりと考えたサービスを行っている会社なのです。
そうした海外の会社を取り締まることなど出来ませんし、実際に海外に拠点を置いているため日本の法律はまったく及ぶことはありません。

また、2016年に世界有数のオンラインカジノを利用した日本人3名が検挙されるという事件が起こりましたが、この事件は不起訴という形で終わっています。
不起訴ということは検察側が立件することが出来なかった、それはつまりオンラインカジノの利用は法に触れないということになります。
検挙された3人のうち2人は略式起訴という形で事前に争うことを諦めましたが、残りの1人は略式起訴を受け入れず裁判で争う姿勢を見せたのです。そしてその結果が不起訴でした。
国内の元からのオンラインカジノユーザーはこの件を受けてから、以前よりも安心してゲームを利用することが出来るようになりました。

違法ではないと証明された後

オンラインカジノの利用は法に触れないことを知り、日本国内のオンラインカジノユーザーの数はそれから日増しに増えています。
現在でもオンラインカジノははっきりと合法なギャンブルであるとは言うことが出来ません。それは、日本で認められているギャンブルは国営の競馬、競輪、競艇、オートレースだけだからです。
身近であるパチンコや麻雀も実は合法なギャンブルではないのです。ただ、上手に法に触れないように営業しているだけです。
オンラインカジノもこうしたパチンコや麻雀のようなもので、合法とは言えなけれど違法とも言えないギャンブルです。

ただし、オンラインカジノは胴元である会社が海外にあることにより法に触れていないので、日本人の仲介者を介していたり、お金の入出金の代行サービスに日本人が関わっていたりすると違法となりますので、オンラインカジノを利用する際はそうした部分に気をつけて利用するようにしましょう。

的中率がおかしいカジノは存在しない

ソフトウェアを提供している会社は、厳しい審査を受けてからオンラインカジノに提供しています。インチキがされているようなら、勝手にソフトウェアの精度が悪くなっていて、的中率が変更されていることになります。変更する方法は用意されていませんし、オンラインカジノが変えているなら、契約している会社がゲームを取り上げてしまうので、オンラインカジノの運営はできなくなります。

ゲームの提供を受けてカジノを運営

費用を支払うことで、オンラインカジノのゲームは提供されています。作っている会社は、信頼できると判断しているオンラインカジノに、費用を受け取ってからゲームを提供します。金額によって提供するゲームの多さは変わりますが、ある程度の金額を出してくれれば、最低限のゲームは準備できます。
もしインチキなどを行っているようなら、オンラインカジノにゲームを提供したいと思う会社は出てきません。勝手にソフトウェアの変更をされると思われてしまい、自分たちが作っているゲームが変えられてしまうためです。審査をクリアするのも大変なのに、それを勝手に変えられてしまえば問題になります。

厳しい審査後はオンラインカジノに提供するまで変えない

厳しい審査をクリアして、オンラインカジノに利用するゲームとして認められるようになった場合は、それ移行の変更は加えません。審査を受けた状態で保存して、オンラインカジノに提供することになります。勝手に変更するような方法を使ってしまうと、審査を受けている内容と異なってしまうので、また審査を受けないとオンラインカジノに提供できなくなります。
オンラインカジノとしても、勝手に変更するような真似をして、提供してくれる会社が処分を受けることは避けたいと思っています。変更する場合には、ソフトウェアの会社に連絡を入れて、変更と審査を受けてもらってから、また提供してもらう方法を使っています。

インチキは双方の信用が失われる

オンラインカジノもソフトウェアの会社も、インチキによって信用を失ってしまうのは間違いないことで、インチキだけは絶対に避けるようにしています。公表された段階で、ほぼ利用されない会社となります。
今ではネットによって、オンラインカジノの情報はすぐに提供されてしまいます。インチキはすぐにわかってしまうので、結果的に問題はすぐに表面化することとなります。そしてオンラインカジノに関わる会社も信用を失い、利益を得られなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。